経営の要素と構造を知り、成功し続けるための「設計図」を描く『経営の12分野』セミナー。プレジデントアカデミー会員の方は《会員価格》にてご受講頂けます。







   高収益な企業だけが知っている、他社との「違い」のつくり方



     『 経営の12分野:ポジショニング


        競合と「差別化」するための、最強ツール




 ▼ こんなことでお悩みの社長はぜひご参加ください!




 ● 業界が飽和していて、差別化できない・・・


 ● 競合との戦いが激しく、疲弊している・・・


 ● 売っても売っても、十分な収益が上がらない・・・


 ● 自社の「強み」がわからない・・・


 ● 差別化のポイントを見つけられず、苦しんでいる・・・






 今回はこのような社長に、特にオススメのセミナーです。




高収益の企業だけが知っている、ポジショニング戦略






 企業で十分な収益が上がらない場合、
 大きな要因となるのは「競合」の存在です。


 どんなビジネスも、その事業が成功すればするほど、
 それをマネする存在(=競合)が現れます。


 そして、競合との値下げ合戦に巻き込まれた結果、
 どの企業の収益率も下がっていってしまうのです。


 しかし、市場の中をよくよく見渡せば、
 競合に囲まれていても、十分な収益を上げ続ける企業が存在します。


 そのような企業はいったい、
 どうやって収益を上げているのでしょうか?


 キーワードとなるのが「差別化」です。


 十分な収益を上げ続ける企業を、よくよく調べてみると、
 ほとんどの場合「他社との違い」がはっきりしています。


「この会社で買う理由」が、しっかりと存在するため、
 他社よりも高収益に商品を販売できるのです。


 それでは「他社との違い」は、
 どうやったら生み出せるのでしょうか?


 私たちのお伝えする「ポジショニング」の考え方を身につければ、
 他社との差別化を、強力に推し進めることができます。







ポジショニング戦略の3つの要素




 ポジショニング戦略とは、
 競合他社との「差別化」を進めるための方法論です。


 自社のユニークなポジションをつくるためには、
 次の「3つの要素」を知る必要があります。


【ポジショニング戦略の3つの要素】
 [1]自社の本当の競合
 [2]ポジショニングの軸
 [3]評価方法


 それぞれの要素を考える際に
「大事なポイント」が以下となります。


 [1]自社の本当の競合
  まずは「自社の競合とは、どの会社なのか?」を
  正しく知る必要があります。


  多くの場合「競合」というと、
  私たちは「自分たちの業界の競合」だけを
  思い浮かべてしまいます。


  しかし実際には、お客さんは業界をまたいで、
  様々な会社を頭の中に思い浮かべているのです。


  私たちがセミナーでお伝えする「ある質問」を考えることで、
  自分たちの「本当の競合」が考えやすくなります。




 [2]ポジショニングの軸
  ポジショニングを考えるためには、
  「ポジショニング・マップ」というものをつくっていきます。


  これは、市場の状態を「見える化」し、
  自社と競合の位置関係を、わかりやすくする方法です。


  こういったマップは、やり方さえわかっていれば、
  皆さん自身でも、簡単に描くことができます。


  ただし、1つだけ難しいポイントがあります。
  それが「軸を決める」こと。


  ポジショニング・マップを描く際に、
  最も多くの方が、つまづくポイントです。


  ただし、私たちがセミナーでお伝えする方法を使えば、
  「軸」の考え方も、すんなりと実行することが
  できますので、ご安心ください。




 [3]評価方法
  ポジショニング・マップを描く際に、
  2番目に多くの方がつまづいてしまうのが「評価方法」です。


  自社と競合企業を、どのように比べ、
  どのように評価すれば良いのか、多くの方が迷ってしまいます。


  実は、この「評価方法」についても、
  効果的に実践するためのコツがあるのです。


  私たちがセミナーでお伝えする「たった1つのコツ」を身につけ、
  ぜひ、自社の差別化戦略にお役立てください。


***


 今回のセミナーでは、誰でも簡単にポジショニング・マップを描ける
「5つのステップ」をお伝えいたします。


 自社のポジショニングを確立して得られるものは
「競合との戦いの減少」と「収益の向上」です。


 ぜひ、この機会に他社との差別化を強力に推し進める
「ポジショニング」を身につけてください!



 ▼ 本講座で得られること





 ◯ 競合他社から自社を差別化できる


 ◯ ポジショニングの考え方を身につけることができる


 ◯ お客さんから見たときの「強み」を発見できる


 ◯ 自社の「競合」とその「状態」を理解することができる


 ◯ 自社のユニークなポジショニングを発見できる


 ▼ 2015年度にご参加いただいた方の感想はこちら



 □ お客さんから見たときの「わかりやすさ」に気づくことができました!

 自社の特徴は、説明できるようにはなっていたのですが
「いざ座標で比較」となると適切な言葉が浮かびませんでした。


 このあたりが、自分たちのしていることのお客様から見たときの
 わかりにくさにつながっているのだと痛感しました。


                     (住宅リフォーム業 経営者)
  ……………………………………………………………………………………

 □ いかに「とらわれていたか」が解りました!


 思い込みや一般的な概念にいかにとらわれていたかが解りました。


 一般的な考えと真逆を考えるワークで
 今後のための大きなヒントを得ることができました。


 御社の戦わない経営という考えは、非常に素晴らしいと思いました。


                         (医療法人 経営者)
  ……………………………………………………………………………………

 □ 戦略が立てやすくなりました!


 ポジションのマップを作成することで、
 様々なものの相対的・絶対的なポジションを確認することができ、
 そこから次の戦略・行動を立案しやすくなることを感じました。


 まずは、自社の立ち位置を考えることから始めていきます。


                  (広告・マーケティング業 経営者)
  ……………………………………………………………………………………


 □ 自分の考えを深めることができました!


 ポジショニングについては自分でも分かってはいましたが、
 あのように理論的に説明されると頭の中でもきっちり理解できて、
 自分の考えも深まってきます。


                       (ペットサロン 経営者)

 ……………………………………………………………………………………


 □ 新規事業をつくるための参考になりました!

 現在の事業以外で新規事業の展開を検討中だったため、
 参考になることが多かったです。


 まだ、新事業をするにあたって
 どこに着眼するのかすら見えていない段階ですが


「市場を知る」という事を根本的に考え、
 ポジショニングマップを自社でも作成し
 新しいポジションを見つけていきます。


            (コールセンターのアウトソーシング業 経営者)

 ……………………………………………………………………………………

 □ 業界が飽和している中で、新しいヒントに気づくことができました!


 我々の業界(IT)は飽和状態にある中で
 視点を変えユニークなポジションを見つけることにより
 新しいビジネスヒントが生まれることに気づかされ大変勉強になりました。


 ありがとうございます。


                          (IT企業 経営者)


▼ お伝えする内容



1 ポジショニングとは?
2 ポジショニングの理由
3 ポジショニングの効果
4 ケーススタディ
5 リ・ポジショニング
6 阻害要因
7 ポジショニングの演習
8 自社の実践




▼ スライド資料



本セミナーで使用する資料は200枚以上ございます。
セミナー中はより深く考えることに集中していただくため、
本スライドは後日WEBにて試聴が可能です。
復習にご活用ください。







▼ ガイド紹介


浜口 隆則

株式会社 ビジネスバンクグループ 代表取締役
経営の12分野プログラム開発者


横浜国立大学教育学部卒、ニューヨーク州立大学経営学部卒。
会計事務所、経営コンサルティング会社を経て、大好きな起業家を支援する仕事をするために20代で「日本の開業率を10%に引き上げます!」をミッションにした株式会社ビジネスバンクグループを創業。現在は起業支援サービスを提供する複数の会社を所有するビジネスオーナーであり、アーリーステージの事業に投資する投資家でもある。「幸福追求型の経営 / 戦わない経営 / 小さな会社のブランド戦略」など、独自の経営理論にはファンが多い。

滝沢 清隆

株式会社 ビジネスバンクグループ 取締役
仙台/長野/東京1/東京2 各会場にて講演予定


会計・経営コンサルティング会社を経て、ビジネスバンク創業時よりレンタルオフィスなど各事業分野に従事。社長の学校「プレジデントアカデミー」の全国運営統括者として、経営者の学びプログラムを構築。「経営の12分野」メソッドを組織に浸透させるための企業研修を全国各地で実施している。

黄塚 森

株式会社 ビジネスバンクグループ 執行役員
札幌/福岡 各会場にて講演予定


「起業の学校」アントレプレナーアカデミーを浜口と共に立ち上げ全体を統括する。社内外のマーケティングに携わり、webサイトや印刷物のデザイン・作成から集客、販売までを一気通貫でこなすマルチプレイヤー。読者2万人を超える社内メールマガジン、社外向けの記事 作成にも携わる他、年間延動員数3,000人を誇る人気経営セミナー「経営の12分野」シリー ズの企画など、コンテンツ制作を得意とする。

阪東 浩二

経営の12分野ガイド
名古屋/大阪 各会場にて講演予定


1997年有限会社ビジネスバンクを代表の浜口隆則と共に立ち上げ、専務取締役として営業とマネージメントに従事。3000社以上の起業相談を受けた起業支援の専門家。実体験から生み出された営業ノウハウと経営スタイルが起業コンサルタントとして支持される。スタートップ会計株式会社 代表取締役。有限会社ビー・ビー・キャピタル 取締役。スターブランド株式会社 監査役。経済産業省後援ドリームゲートアドバイザー。 【起業セミナー部門で人気No.1講師を連続更新中!!】経営者や歴史人物を通じて、最良のNo.2研究をライフワークの一環としている。


 ▼ 2015年度にご参加いただいた方からの感想


トレーニング業 代表

ありがとうございました。
ポジショニングについて深く学び、考えるきっかけとなりました。
自分の位置を知る為には周りを知る必要があることを痛感しました
日々、ポジションを考え、過ごしていきたいと思います。

運送業 代表

空いているポジションをどう上手く狙うか。
また、空いているポジションでの経営は戦術が重要になってくるという事を学びました。

人材コンサルティング業 専務

カテゴリーストレッチは、とても重要だけれど、
真剣に考える機会がないなと思いました。
これを機に意識していきたいと思います。

インフラ整備業 幹部

ポジショニングを明確にすることの必要性を学びましたので、弊社のポジショニングを検証してみます。
そして新商材・サービスを探すため複数の軸からニーズと市場を検証します。



▼ セミナー満足度保証制度



 ▼ プレジデントアカデミー会員さまお申し込みフォーム


プレジデントアカデミー会員さまは
ご登録いただいております
【各地域】からお申込みを
よろしくお願いいたします。
 
 
プレジデントアカデミー会員さまは
ご登録いただいております
【各地域】からお申込みを
よろしくお願いいたします。

 ▼ お申し込みフォーム


Now on Accepting - 申し込み受付中セミナー -

 

※1【東京2】は14:30から開始となります。





※お申込み完了後、お支払いページに移動します。お申込み後1週間以内にお支払い頂きますよう、お願いいたします。