経営の要素と構造を知り、成功し続けるための「設計図」を描く『経営の12分野』セミナー。プレジデントアカデミー会員の方は《会員価格》にてご受講頂けます。
■ 浜口隆則の経営論 Vol.9: 社長の給与は残り物 ■








 「社長の給与は残り物」


 これが成功し続ける経営者の考え方。


 仕事というのは、自分に与えられた役割をまっとうした時に、
 報酬をもらう権利が生じる。


 経営者の仕事とは、経営という
 「関わるすべての人を幸せにする仕組み」が
 永続するために必要な「あらゆること」をすることだ。


 しかし、それが出来ていないのに、
 報酬だけ取ろうとする経営者が多過ぎる。


 だから、失敗する。


 自分の報酬を増やしたかったら、
 残り物で溢れるくらいの会社にすればいい。


 それが残り物なら、経営者は
 いくら給与を取ってもかまわない。


 年収3000万円でも、年収1億円でも、一向にかまわない。


 残り物がどれだけ大きかろうが、
 それが、そういう会社をつくった経営者の報酬だ。


 「社長の給与は、最後に決まる」


 それは厳しくて大変なことだ。
 しかし、だからこそ、社長の給与は青天井で、夢もある。



 ― 浜口隆則・著『社長の仕事』より


Special Events - 特別企画 -