経営の要素と構造を知り、成功し続けるための「設計図」を描く『経営の12分野』セミナー。プレジデントアカデミー会員の方は《会員価格》にてご受講頂けます。
■ 浜口隆則の経営論 Vol.7:経営力の方向性 ■







 ナイフは、人を守るために使える。
 しかし、人を傷つけるためにも使える。


 「経営力」も同じ。
 人を幸せにすることも出来るが、
 人を不幸にすることも出来る。


 力は、力の強さだけが大切なのではない。
 力は、その「方向性」が極めて大切だ。


 だから、力を持った人間には責任がある。
 それを「正しい方向にだけ使う」という責任がある。


 そして常に自分に問わなければならない。


 「この力を、正しい方向に使えているか?」
 「この力を、社会がより良くなる方向に使えているか?」
 「この力を、人を幸せにする方向に使えているか?」


 真の力とは、
 「力を正しい方向にだけ使える意志の強さ」を持つということ。


 あなたの持つ力は、
 正しい方向に使われているか?


 力を身につければ身につけるほど、自分に問うことを習慣にしよう。



 ― 浜口隆則・著『社長の仕事』より


Special Events - 特別企画 -