経営の要素と構造を知り、成功し続けるための「設計図」を描く『経営の12分野』セミナー。プレジデントアカデミー会員の方は《会員価格》にてご受講頂けます。
■ 浜口隆則の経営論 Vol.6:当たり前の基準 ■







 「当たり前」の受け止め方は、経営者のレベルによって全く違う。


 成功し続ける経営者は・・・
 「当たり前」を「出来ているか否か?」という基準で省みる。
 そういった厳しい刃を、自らに向ける。


 しかし、成功できない経営者は・・・
 「当たり前」を「知っているか否か?」という基準でしか考えない。
 そういった自己満足の甘い薬を飲んで、それに酔っている。


 この両者には、天と地の差がある。
 あなたは、それに気付いているだろうか?


 当たり前とは、当たり前に「出来ている」ことだ。
 当たり前のことだと「知っている」ことではない。


 しかし、多くの経営者は、このことが分かっていない。
 だから、いつまで経っても、
 「当たり前」と認識していることが出来るようにならない。


 当たり前から、逃げていないか?
 当たり前を、軽く見ていないか?


 あなたの「当たり前」に対する態度は大丈夫か?
 チェックしてみよう。



 ― 浜口隆則・著『社長の仕事』より


Special Events - 特別企画 -