経営の要素と構造を知り、成功し続けるための「設計図」を描く『経営の12分野』セミナー。プレジデントアカデミー会員の方は《会員価格》にてご受講頂けます。
■ 浜口隆則の経営論 Vol.17: 7つのメンタルブロック









 人は誰でも知らず知らずの間に、
 たくさんのブレーキを心に装着している。


 その「心のブレーキ」を「メンタルブロック」という。


 メンタルブロックは、思い込み。過去に正しいと思って獲得した考え方。
 しかし、過去に正しかった考えが正しくあり続けるとは限らない。
 過去に自分を守ってくれた考えが守り続けてくれるとは限らない。


 それにもかかわらず、多くの人は、過去に獲得した考えに、こだわり続ける。
 特に大人を邪魔しているのは、思考力が未熟なうちに獲得した考え方。
 刷り込まれたとも言える考え方。


 そういった「今では邪魔になってしまった考え」を捨てるだけで、
 人は一気に成長できる。それは、次元が変わるくらいの変化だ。


 メンタルブロックの存在を疑ってみよう。
 経営者であれば<7つのメンタルブロック>をチェックしておこう。


 (1)「商売は悪いこと」だと思っていないか?
 (2)「儲けるのは悪いこと」だと思っていないか?
 (3)「お金は汚い」と考えていないか?
 (4)「私だけ幸せになるのは悪いこと」だと感じていないか?
 (5)「好きなことをするのは悪いこと」だと思っていないか?
 (6)「人と違うことをするのは悪いこと」だと感じていないか?
 (7)「二つ以上を同時に得ることは悪いこと(生贄の心理)」だと思っていないか?



 ― 浜口隆則・著『社長の仕事』より


Special Events - 特別企画 -