経営の要素と構造を知り、成功し続けるための「設計図」を描く『経営の12分野』セミナー。プレジデントアカデミー会員の方は《会員価格》にてご受講頂けます。
■ 浜口隆則の経営論 Vol.15: 商売の肯定









 残念ながら、商売をすることが、そのような文脈で語られることがある。
 そういった社会の文脈が正しいとは限らない。それは歴史が証明している。


 しかし、人は知らず知らずの間に、影響を受けている。
 それは、経営者も例外ではない。


 実は、多くの人が経営で成功できない根源的な理由は、
 【商売=卑しいこと】というマインドセットにあることが多い。


 いくら経営者が優秀であっても、いくらビジネスが有望でも、
 自分のやっていることが卑しいことだと感じていたら、


 その行為を続けることは、難しい。
 その行為にすべての情熱をぶつけることは、難しい。


 それは、重たいバーベルを持ちながらマラソンをするようなものだ。
 すぐに、疲弊してしまう。


 商売をすることに対する卑しい気持ちや引け目がないか?
 社会の文脈に流されていないか?


 自分に聞いてみよう。そして、よく考え直してみよう。


 そうすれば気付くはずだ。
 「商売=人の役に立つこと」「商売=人に喜ばれること」だと。


 商売を肯定的に捉え直すことが出来たら、すべてが変わり始める。



 ― 浜口隆則・著『社長の仕事』より


Special Events - 特別企画 -