経営の要素と構造を知り、成功し続けるための「設計図」を描く『経営の12分野』セミナー。プレジデントアカデミー会員の方は《会員価格》にてご受講頂けます。
■ 浜口隆則の経営論 Vol.10: 公私のケジメ









 良い時には、公私のケジメをつけないといけない。
 悪い時には、公私のケジメなどあったものではない。


 経営者は、そんな職業だ。


 例えば、借り入れをする時や何かの契約をする時、
 経営者は、連帯保証人として
 個人保証をさせられることが多い。


 本来、会社という法人と個人は別の存在である。
 すべてを個人保証していたら、法人の意味はなくなる。


 しかし、現実的には、そうではない。
 経営者は個人として、すべての責任を負わされる。


 これは、公私混同だ。


 だからといって、経営者にとって有利な点で、
 公私混同をするべきではない。


 公私のケジメが出来ていない会社には、
 社長個人はラクかもしれないが、
 2つの大きなマイナスが生じる。


 そして、この2つの影響で潰れる会社は多い。


  1)社員の士気が落ちる
  2)どんぶり勘定になって資金繰りが見えなくなる


 会社の所有者は、あなたかもしれない。
 しかし会社は多くの人と関わりを持って
 存在している「公器」でもある。


 公私混同をしていないか?
 会社を「私器」にしていないか?


 会社は「公器」。
 それくらいに考えられる経営者が、うまくいく。



 ― 浜口隆則・著『社長の仕事』より


Special Events - 特別企画 -